banner

講師と立地で選ぶなら、TACの宅建講座

このページでは、主要な5つの通学講座のうち、TACの宅建講座について取り上げたいと思います。実際に講座を受講した「受講生の声」も併せてご紹介します。

TACの宅建講座には、「頼れる講師陣」「戦略的カリキュラム」「オリジナル教材」「選べる受講スタイル」「安心のフォロー制度」「多彩なコース設定」「充実の割引制度」「通いやすい立地」の、全部で8つの特徴があります。以下では、8つのなかでも特に“TACならでは”の特徴について見ていくこととします。

まずは「頼れる講師陣」についてです。
TACは、言わずと知れた、資格の学校の最大手です。企業規模の大きさを示すかのように、宅建講座を受け持つ講師の数も実に40名以上。ここまで多くの講師を抱えている学校というのは、他にはないと思います。
生の講義が魅力の通学講座の中から、自分にとって最適な講座を選ぶうえでは、講師との相性がとりわけ重要になってきます。数多くの講師が在籍するTACの宅建講座なら必ず、自分と相性ぴったりの講師を見つけることができることでしょう。

「戦略的カリキュラム」や「オリジナル教材」ももちろん素晴らしいのですが、“TACならでは”の特徴ということで、「通いやすい立地」についても触れておきたいと思います。
TACは全国に34校舎を展開していて、そのうち28校舎は最寄駅から徒歩3分以内のところに立地しています。たかが立地と思われるかもしれませんが、通学講座を受講する上で、移動に伴う負担というのは皆さんが想像する以上に大きいものです。
アクセスに優れたTACの宅建講座ならば、そうした負担をあまり感じることなく、最後まで受験勉強をやりきることができると思います。

<受講生の声>
●先生がユニークな方だったので、毎回講義に出席するのが楽しみでした。教えてもらったオリジナルの暗記法もとても参考になりました。
●講義中はノートを使用せず、すべてテキストに直接書き込みました。書き込みとアンダーラインで埋め尽くされたテキストは、試験当日まで手放すことができませんでした。
●問題を短時間で解く訓練により、本試験でもっとも大切な「時間配分」を身につけることができました。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫

宅建の通学講座VS通信講座 ~合格できる講座はどれ?~