banner

目的別に見るおすすめ宅建講座 ~通信講座編~

同じ「宅建講座」でも通学講座の場合は、どこも網羅的にサービスを提供しているため、学校ごとにそれほど大きな違いというのはありません。
反対に通信講座の場合は、通学講座に比べて新規参入が容易なこともあって、各校が独自色を出そうと、しのぎを削っています。そのため、カリキュラム、講義、テキスト、サポート体制などに結構大きな違いがあります。
そのことも踏まえて本ページでは、受験生の目的別・タイプ別におすすめの通信講座を紹介したいと思います。

まず、カリキュラムを重視したい受験生におすすめなのが、四谷学院の宅建講座です。
詳細は別ページで解説していますが、「55段階制」のきめこまかなカリキュラムが用意されているので、宅建試験の膨大な試験範囲を、ひとつひとつ着実にマスターしていくことができます。また、スモールステップで構成されているため、わずかなすきま時間を有効に活用できるというメリットもあります。

次に、講義を重視したい受験生におすすめなのが、エル・エーの宅建講座です。
エル・エーの宅建講座のDVDは使い回しではなく、毎年撮り直しているので情報が新鮮で、かつ45枚にもおよぶボリュームも学習のしがいがあります。
講義DVDということでは、フォーサイトのものも見やすさ・分かりやすさともに高評価が与えられると思います。

フォーサイトの宅建講座は、講義DVDももちろん良いのですが、それ以上にテキストが秀逸です。宅建試験合格に最低限必要な内容だけを厳選して掲載しているので、短時間で効率的に学習することができ、併せて図やイラストが豊富なので覚えやすい。フルカラーである点もポイントが高いと思います。

その他に本サイトで紹介しているユーキャンとLETOSは対照的で、ユーキャンは言わずと知れた通信教育の最大手、LETOSは設立されたばかりの学校です。
知名度や安定感を求めるのならユーキャンの宅建講座を、他とは異なる独自のサービスを求めるのならLETOSの宅建講座を選んでみてはいかがでしょうか。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫

宅建の通学講座VS通信講座 ~合格できる講座はどれ?~