banner

そもそも「宅建士」とは?

宅建試験というと、どうも“狙い目資格”といったイメージが強いせいか、皆さんの中にはそもそもの宅建士の役割をよく知らないまま、何となく受験に挑戦しようとしている方もいらっしゃると思います。
ですが、せっかく勉強してチャレンジする資格ですから、取得後、宅建士資格がどんなことに役立つのか、知っておくに越したことはありません。

ここでは、何となく宅建資格を目標に選んだ皆さんに向け、宅建士についての基本的な概要をご紹介しておくことにいたしましょう。

宅建士は「不動産取引の専門家」

宅建士は、一言で言うなら「不動産契約時の仕切り屋」
不動産売買や賃貸といった高額な契約を行う際、取引が円滑に進むように契約上の重要事項を顧客に説明する、契約書に署名捺印するのが宅建士の独占業務です。

「独占業務」というからには、これらの仕事は宅建士にしか行うことができません。
よって、不動産契約を執り行う宅建業者(簡単に言えば不動産業者)には、法律上、事務所に宅建士を従業員の5人に1人の割合で置かなければいけない決まりがあります。
だからこそ、宅建士は不動産業界では必携資格とされており、半ば強制的に受験させられるというわけなんですね。

ちなみに、宅建士に説明義務のある「重要事項」とは、
・取引対象不動産の権利関係
・取引対象不動産に係る法令上の制限
・取引対象不動産の状態やその見込み
・契約の条件

とされています。
いずれも、後々「知らなかった」でトラブルになり得る重要な事項ばかりです。
しかしながら、私たち一般人ではどうしても説明がないと理解が難しい点もありますから、やはり専門家である宅建士の説明を受ける必要があります。

このように、不動産取引における独占業務を有する宅建士は、いわば不動産業界においては欠かすことのできない存在。
これからこの資格に挑戦する皆さんは、今まさに、不動産分野における専門家の証を手に入れようとしているのです。

宅建士の知識は不動産業界以外でも役に立つ

「私は不動産業界に入りたいわけではないんだけど・・・」という方にも、宅建士としての知識は幅広く役に立ちます。
例えば、自分自身が不動産を売買したり、賃貸したりする場合、法律の知識はあった方が何かと役に立つでしょう。
自分に何の知識もないがために、契約が業者主導になってしまうのは何となく不安になるもの。
ですが、宅建士の資格を取得していれば同じ目線で話をすることができます。

また、宅建士としての知識は、不動産を担保に扱う金融業界をはじめとする異業種においても役に立ちます
金融の他にも、保険会社や各種士業、コンサルティング会社等での活躍の道があり、もしもアナタが不動産業界への就職を希望しているわけではなくても、ひょっとしたら意外な場面で宅建士資格を評価されるかもしれません。
というわけで、宅建資格は今取得しておいて損はないはずです!


≪ 前のページへ  次のページへ ≫

宅建の通学講座VS通信講座 ~合格できる講座はどれ?~