banner

会社員の受験を支援する、通勤講座の宅建講座

サラリーマンやOLのためにつくられた、通勤講座。

学生のうちは別ですが、社会人になると忙しくなって仕事以外のことに時間をかけるのはとても難しくなります。帰って寝て帰って寝て~なんて生活サイクルを循環している人がおびただしいくらいいるのが、日本社会の特徴です。

だからといって、社会人には資格の勉強がいらないなんてことはありませんね。今の仕事を進めるだけでも資格は必要になることが多いです。まして転職ともなれば? いわずもがな。そのような、会社員たちをはじめとした、日々の仕事に追われて受験勉強の時間をとれない社会人たちの資格試験合格の可能性が上がるようにという思いから開講されたのが、通勤講座というわけです。

通勤講座が大事にしているポイントは、次のような感じです。
・机に向かう時間がなくても、宅建の勉強ができるシステムにしている
アイパッドやスマホで宅建の勉強が極力、完結するシステムです
TVを見ているように、勉強できる
→映像講座の充実化、の典型です。ちなみに音声講座もあります。
・問題演習を2段階に分けている
「通勤問題集」「セレクト過去問題集」。普通の過去問演習の前に、忙しい人専用の問題集を入れることで、底力のアップを目指しています

テキストも問題集も冊子でなく、オンラインばかりで使える点や、価格帯が安くなっている点は、既存の通学講座や初期の通信講座から一線を画しています(が、これらは……同系統のサービスを追求している他社と似ていますが)<

<受講生の声>
●電車に乗っている通勤時間の間に、ちょうど宅建の講義が終わってくれます。毎朝、それと毎夕の通勤時間が勉強時間にものの見事に置き換わりました。
●凝った動画を配信してくれます。きれいな映像をタブレットで見ていると、つい引き込まれてしまいます。わかりやすいと思いましたし。
●宅建の問題を解くのがスマホで全部できるとは思わなかった! 問題を解く練習をしてから、本番にシフトできるのもいいですね。心の準備をする時間をもらえますから。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫

宅建の通学講座VS通信講座 ~合格できる講座はどれ?~