難易度

難易度

宅地建物取引士は「士業」になって難易度があがった?

さまざまな業界でニーズがある宅地建物取引士! 1958年(昭和33年)に、当時の建設省(現在の国土交通省)が創設した宅地建物取引士(旧・宅地建物取引主任者)の資格。 「宅建」の愛称で親しまれ、通学や通信講座で勉強し取得することが可能...
難易度

2015年度試験は難易度UP、「宅建士」への改正による影響か

出題内容の変化で難易度が上昇 宅建の難易度については、「難しくなる年とそうでない年が交互にある」といった噂もあるようですが、実際のところ、体感的には「年々ジワジワと上昇している」と表現するのが妥当であると感じられます。 その背景には...
難易度

宅建の合格率は?

宅建試験を知る「合格率はどのくらい?」。比較的狙い目の国家資格として知られる宅建ですが、意外や意外、甘く見てはいけません!宅建の合格率は16~17%、例年3万人ほどが合格を勝ち取っています。逆に言えば、実に10人中8人は不合格。宅建士への改称以降、合格率の推移には変動はありませんが、出題の難易度はレベルアップして…
タイトルとURLをコピーしました