宅建のバーチャル講師『真鍋サキ』について調べてみた!

宅建ニュース

最近生まれた新しいサービスである「バーチャル講師」。
資格試験に合わせて担当の講師が変わり、宅建のバーチャル講師は『真鍋サキ』という女の子です。

資格取得に向けて効率良く勉強できると話題になっているので、自分に合った学習方法を探している方は、どのようなコンテンツなのか把握しておくと良いでしょう。

ここからは宅建のバーチャル講師である『真鍋サキ』について紹介します。

宅建講師『真鍋サキ』とは?

宅建担当の講師『真鍋サキ』は3人バーチャル講師の中では一番落ち着いた大人っぽい印象の女性です。

誕生日は『12月10日』であり、座右の銘は『笑う門には福来る』というポジティブなものになっています。

少し大人っぽい見た目をしていますが、好きなものは『プリン』『猫』『踊ること』と可愛らしい趣味をしています。若い女性のような見た目をしていますが、バーチャル講師は全員、「通信教育の企業に勤めている女性」というのが共通の設定としてあり、仕事で講師をしています。

見た目のデザインの通り、落ち着いた印象を受ける講師であり、実際に自己紹介動画を見てみると、ゆっくり聞きやすい声なので、内容を理解しやすくなっています。

また、自己紹介動画は趣味などの設定の紹介だけでなく、宅建の資格についても触れています。

例えば、宅建の資格の平均合格率を紹介しており、全国の平均合格率は17.0%です。そこで、フォーサイトの合格率は71.5%と案内しているので、全国平均の4倍と非常に合格率が高いことが分かります。

少しでも合格率を上げたい方は、独学で勉強を進めるのではなくフォーサイトの通信教育を利用するのがおすすめです。バーチャル講師など新しい学習方法を常に考えており、今まで資格試験の勉強に挫折してしまった方でも利用しやすいでしょう。

宅建がどのような資格なのかも分かりやすく解説しているため、勉強する資格をどれにするか悩んでいる方は、まずは簡単な動画を見てみるのがおすすめです。

【5分で分かる】宅建とは?どんな資格?【バーチャル講師】!

そもそもバーチャル講師って何?

そもそもバーチャル講師とはどのような学習コンテンツなのでしょうか。自分に合った学習方法を見つけるためにも、ここからはバーチャル講師について紹介します。

通信講座・オンライン学習の新しい形

『バーチャル講師』とは、「フォーサイト」が提供している学習コンテンツの1つです。

フォーサイトは、さまざまな資格の取得に向けて通信教育・通信講座を行っている会社であり、高い合格率を誇るため人気があります。

このバーチャル講師は、通信講座・オンライン学習など実際にスクールに通う必要がないリモートでの学習形式に分類されます。名前の通り「バーチャル(仮想)」のキャラクターが講師を務めており、どれも可愛らしいキャラクターなので勉強に取り組むモチベーションアップなどの効果が期待できます。

実際に、バーチャル講師を使うことで勉強に対するハードルが低くなることから教育分野の中で注目されています。

バーチャル講師は実際の人間が行うわけではなく、3Dモデルのキャラクターに声を吹き込み講師として動かしています。その様子を動画に収めたものを、視聴することで学習をするスタイルです。3Dモデルとモデルを動かす技術、講師に適した声があればパソコン上で作成できるのも特徴です。

バーチャル講師が実際の講師の代わりになれば、オンライン学習用のコンテンツを作成している講師の負担を減らすことができるでしょう。また、バーチャル講師が行う講義の内容は生身の人間と同じものになるので学習効果も期待できます。

このように、人件費削減・学習効率の向上などメリットが多くあります。また、3Dモデルはデザインの幅が広いので、自分たちがイメージする好きなキャラクターを作りやすいです。これから、さまざまな機関がオリジナルキャラを作成し、バーチャル講師を利用するのではないかと予想されています。

バーチャルYouTuber(3Dモデル)が勉強を教えてくれる!

先程の説明の通りバーチャル講師とは、3Dモデルを使ったキャラクターが講師を務めています。また、この3Dモデルは「バーチャルYouTuber」でもあり、最近人気があるバーチャルYouTuberが講師を務めることでも人気があります。

通常のオンライン学習の場合、リアルタイムか録画で生身の講師が講義を行い、その様子がネットを通じて配信されていますが、生身の講師がバーチャルYouTuberに置き換わっているといえばイメージしやすいでしょう。

この「バーチャルYouTuber」とは、3Dモデルに声を吹き込んで動かし、動画配信をしているYouTuberのことです。いわゆる二次元のキャラクターが講師になっているので、二次元キャラが好きな方はもちろん、実際の講師よりも学習に取り組みやすく、学習のハードルを下げて気軽に勉強できます。

実際にバーチャルYouTuberのキャラクターのデザインはイケメンや美女であることが多く、馴染みやすいです。そのため、独学や通信教育で挫折した経験がある方や気軽に勉強し始めたい方に適しています。

宅建合格に向けた学習の進め方とは?

宅建は人気がある資格試験であり、合格率は15%~18%程度と比較的難易度が高いです。そのため、計画的で効率良く勉強する必要があります。ここからは、宅建試験を合格に向けた学習の進め方について紹介します。

勉強時間の目安は300時間

宅建試験は同じ難易度の試験と比較すると、出題される分野は少ないのが特徴です。ただし、法律が関係している試験になるので、難易度が高く合格率は2割を下回っています。

勉強時間の目安はおおむね300時間と呼ばれておりますが、勉強時間の目安は人によって異なります。宅建試験には民法や税などの問題も出題されるので、法律系の資格を取得している方や大学などで勉強した方、税などの知識がある方であれば勉強時間は短くなるでしょう。

余裕を見て300時間の勉強時間が必要になるとすれば、1日に1時間勉強したとしても10ヶ月ほどの時間がかかります。仕事で忙しい社会人であれば、勉強時間が確保できずもっとかかる可能性もあります。

また、勉強時間が長ければ合格できるということでもないので、短い勉強時間の中で、合格率を少しでも高めるためにも、自分に合った効率良い勉強方法と勉強スケジュールを立てることが求められるのです。

分野ごとスケジュールを立てて勉強する

宅建試験の出題範囲・分野は以下の通りです。

・宅建業法(20問)
・民法等(14問)
・法令上の制限(8問)
・税・その他(8問)

宅建の試験は全50問で1問1点の50点満点です。合格点は年によって変わりますが7割(35点前後)の得点で合格できます。このような条件を考えると、自信がある分野で確実に得点できるように勉強するのがおすすめです。

ただし、宅建試験の合格判定基準は公表されていないため、「配点が少ない分野を全く勉強しない」という方法はリスクが高いといえるでしょう。

各分野の得意・不得意を早めに見極め、試験までの日数を逆算して効率良く得点できるようにスケジュールを立てて勉強するのがおすすめです。勉強時間の目安だけでなく、戦略的に考えて勉強を進めていきましょう。

問題をたくさんこなすことが大事

行政書士の試験の出題科目・分野は広いだけでなく、1つ1つの科目・分野の内容も多いので、出題範囲はとても広くなります。さらにその内容を正確に理解することが求められます。

選択式ではなく記述式の内容も含まれ、40字程度の文章を作成する能力も求められます。限られた時間の中で問題を解くためには、内容を正確に理解するだけでなく、素早く問題を解くスキルも必要になるのです。

このことからも行政書士に関する法律の知識を覚えるだけではなく、問題を解く量を増やすことも重要になります。

バーチャル講師を利用するメリット

【新人Vtuber】宅建バーチャル講師の真鍋サキ(まなべさき)です!


バーチャル講師が自分に合った勉強方法かどうか判断するためにも、どのようなメリットがあるのか押さえておくと良いでしょう。ここからはバーチャル講師のメリットについて紹介します。

プロの声優の声で聞き取りやすい

バーチャル講師の声は「プロの声優」が務めています。Vチューバーなどのキャラクターを使うとき、3Dモデルと声が必要になりますが、特に声の重要度は高いです。

ボイスチェンジャーを使えば好みの声色にすることはできますが、一般の方が声を担当した場合、どうしても聞きにくさが出てしまい違和感があります。

そこでバーチャル講師の声をプロの声優を務めることで、分かりやすく内容を理解しながら楽しく学習を進められます。

専任講師が監修しているので学習効果が高い

バーチャル講師の講義は、専任の講師が監修した内容になっているのでフォーサイトの他の講義と同様に学習効果は高いです。「学習のプロ」が作った教材を元にした台本を「話し手のプロ」である声優が声を吹き込んでいるので、内容を理解しやすく、聞きやすい声なので学習を始めるハードルが低くなります。

このようにバーチャル講師は独学で学習を進めて途中で挫折した人・難易度が高い資格の勉強に不安を感じている人が利用するのに適しています。基礎の内容や重要なポイントをしっかり理解できるので、その後の学習をスムーズに進められるでしょう。

講義の視聴には追加費用は不要

バーチャル講師による講義は、対象の講義に申し込むだけで受けることができ、追加費用がかからないのも特徴です。これはバーチャル講師専用の講義があるわけではなく、通常の講義とセットになってるからです。

今までの勉強方法に不安を感じている方であれば、基本ポイントを分かりやすく理解できるのでバーチャル講師を使ってみるのがおすすめです。

宅建講師『真鍋サキ』を使って学習を進めよう!

宅建試験は合格率が15%~18%ほどの難易度が高い試験です。必要な勉強時間の目安は300時間と難関の試験と比較すると短いですが、油断は禁物です。合格に向けて効率良くスケジュールを立て、自分に合った勉強方法を実践しなければ、合格は難しいでしょう。

そこで、最近話題になっているバーチャル講師を使って学習を進めるのがおすすめです。バーチャル講師を使えば、挫折してしまいやすい新しい分野の導入部分を理解しやすくなるでしょう。

宅建のバーチャル講師は『真鍋サキ』というキャラクターなので、興味がある方はどのような設定なのか確認してみるのがおすすめです。

宅建バーチャル講師『真鍋サキ』のツイッターはこちら

フォーサイトでは2週間の無料トライアルを行っているので、興味がある方は本申し込みの前に試してみると良いでしょう。

eラーニング無料試用版申し込み

タイトルとURLをコピーしました