宅建士の年収と仕事の単価は?

年収

宅建士の年収はいくら?

厚生労働省は毎年、「賃金構造基本統計調査」という調査を実施しています。

これは、業界別の平均年収を調べるものなのですが、この調査によると、宅建士が多く在籍する業界「不動産取引業」の平均年収は約530万円となっています。

不動産会社の社員のなかには、宅建資格を持っている人もいれば持っていない人もいます。

上の530万円という年収は、それらすべてをひっくるめたうえでの平均ですので、宅建士に限って言えば、530万円という数字よりももっと高額であることはまず間違いありません。

一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収が400万円台であることを考えれば、宅建士は年収の点でかなり恵まれています。

裏を返せば、そうした高額な年収が期待できるからこそ、毎年20万人もの人たちが宅建試験に挑戦しているという見方もできるでしょう。

独立・開業した場合の年収はいくら?

上でご紹介した数字は、あくまでも不動産会社に勤務した場合の宅建士の平均年収の目安です。

それでは、独立・開業した場合の年収はどうでしょうか?

これは宅建資格に限らず、独立・開業した場合には年収は不安定になります。

不安定というよりは「ハイリスク・ハイリターン」と言った方がより正確かもしれません。

年収がダウンする可能性もありますが、努力次第で、サラリーマン時代よりも大きく稼ぐことができる点が独立・開業の魅力のひとつです。

ただし宅建の場合には「ハイリターン」の可能性が、独立・開業ができる他の士業よりも高い傾向にあります。

なぜなら宅建士が扱う商品は不動産であり、1件あたりの顧客単価が高いからです。

たとえば4000万円の不動産の売買取引の仲介を行ったとします。

その際の報酬は「4000万円×3%+6万円=126万円」。

しかも売主・買主双方から仲介手数料を受け取ることができるため、報酬は倍の256万円となります。

もちろん、毎回こんなに“おいしい案件”ばかりではないかもしれませんが、他の士業が数千円~数万円のサービスをこつこつと提供しているのと比べれば、宅建の仕事がはるかに割の良い商売であることがおわかりいただけるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました